『三國志 周瑜傳』出版

約二年を經て、やうやく目標であつた『周瑜傳』の和譯をひとまづ完成、出版することができました。誤りも多からうと思ひますが、いまはひとまづ出版できたことを素直に喜んでゐる次第です。

「周瑜」の存在は、中學三年のときに『超・三国志 周瑜伝ー“周瑜伝奇”より』今戸榮一 訳編を讀んでから、ずつと心の中で感じてゐたやうに想はれます。

ちやうどこの本を讀んでゐるときに父を亡くしたやうに記憶してゐるのですが、周瑜の凛とした壯容が、心の中を淸涼な風となつて驅け抜けてゆき、少なからず哀しみをやはらげてくれたと念ふのです。

以來、彼は僕にとつて、ひそかに自己を勸誨してくれる人となつてくれたのではないかと思はれます。

『三國志演義』はもとよりフィクションですが、そこでは周瑜の實像は歪められてをり、彼の眞姿を感じることはできないのではないでせうか。正史の『周瑜傳』を讀むことにより、彼の息吹を、少しでも身近に感じてもらへることを心より願つてをります。

Amazon『三國志 周瑜傳』