主術

衆人の智に乘ずれば、則ち天下もたもつに足らざる也、もつぱ其心そのこころを用ふれば、則ち獨身どくしんをも保つことあたはざる也。是故このゆゑに、人主はこれを覆ふに德を以てし、其智そのちを行はずして、萬人ばんじんの利とする所にる。れ(人主は)くびすを天下にげて(百姓ひやくせいは)利とする所をゆゑに百姓、之をかみせて重しとせざるなり、之を前にきて害とせざる也、之を擧げて高しとせざる也。之をしていとはざる也。主道しゆだうゑんなる者なり。運轉うんてんしてはしなく、化育くわいくすることしんの如く、虛無因循きよむいんじゆんして、常におくれてさきだたざるなり。臣道しんだうはうなる者なり、論ずることにしてしよすることあたり、ことせばとなへ、職を守ること分明ぶんめいにして、以て成功を立つる也。是故に、君臣、道をことにすれば則ち治まり、道を同じくすれば則ちみだる。各其宜おのおのそのよろしきを其當そのあたれるにれば、則ち上下以しようかもつ相使あひつかふこと有る也。夫れ人主の治をくや、心をむなしくしてこころざしを弱くし、淸明せいめいにしてくらからず、是故に、羣臣輻湊ぐんしんふくそうしてならび進み、愚治賢不肖ぐちけんふせうとなく、其能そののうつくさざる者ければ、則ち君は臣を制する所以ゆゑんを得、臣は君につかふる所以を得て、國を治むるの道あきらかなり。

(『淮南子ゑなんじ』「主術訓しゆじゆつくん」)

大は世界全体(天下)の政治から小は一地方の會社まで、リーダーの道、部下の道には不變の要諦があるのではないでせうか。この言葉は今の世に於いてもその儘通ずることだと思はれます。

「君臣道を同じくすれば亂る」とは常々感ずるところです。實行は容易ではありませんが指針の一つとしたいところです。

※和譯は國譯漢文大成より。譯者注により衍文と臆はれるところを略してゐます。